小山酒店@人形町のブログ

人形町で酒屋を営み100余年。 とにかく美味しいお酒をみなさんにお届けしたい、と日々精進しております。 管理人は店主・妻でございます。 素人主婦目線のお酒のいろいろをつづっております。

2016年06月

日本酒リスト更新。

もう6月もあと2日。

 

今年も前半戦終了ー

 

というところですが、唐突に

 

日本酒リスト更新しました。

 

向かって左のサイドバー

 

小山酒店の日本酒リストはこちらから

 

をポチして下さい。

 

 


<span amb-icon="reblog hasLabel"></span>百十郎 灼熱。

梅雨っぽい

 

どよんとした重たい空気。

 

を、

 

吹っ飛ばすお酒が。

 

image1.JPG

 

百十郎 灼熱 直汲み 無濾過生原酒。

 

ラ、ラベルが燃えている・・メラメラ

 

(・_・;)

 

普通、夏酒って

 

ラベルをいかに涼しげに見せるか、という感じなのに

 

この灼熱は

 

逆に暑苦しさを前面に出してくるという斬新なラベル。汗

 

前にご紹介しました

瑠璃さくらとおんなじシリーズです。

 

先の2種と比べるて一番の特徴としては

 

辛い。

 

辛口です。

 

お米は五百万石なので、瑠璃と同じですが

 

瑠璃よりも重厚な感じで、辛い。

 

五百万石のお酒は割とライトに仕上がるものが多いのですが

 

この重厚さがよいバランスになっているという感じです。

 

日本酒界に

 

夏酒

 

の定義って特にないんですが、イメージとしては

 

さっぱりと軽快に飲めるお酒

 

をコンセプトにしているお酒が多い気がします。

 

しかし、暑い夏だからこそ

 

辛口で

 

くーっ・・・!

 

とうなりたくなるお酒を、というこれまた新しい切り口で攻めてます。

 

そして

 

『直汲み』

 

となっていますが、

 

普通、日本酒は絞ったあとタンクで貯蔵・・が普通なんですけど

 

直汲み

 

は、タンクに詰めず絞って出てきたお酒を直接瓶詰めします。

 

だからなのかわかりませんが

 

開けてすぐ飲むと、ちょっとピリピリ感があって

 

しぼりたて~~

 

みたいな感じを受けます。

 

そして、開栓前でも置いておくことによってどんどん味も変わる(ような気がします・・)

 

よく酒蔵見学なんかに行くと、

 

しぼりたてですよー

 

と飲ませて下さるところもあるのですが

 

まさに、ソレ。

 

たぶん、昔はこういうお酒は流通できなかっただろうな、といったお酒です。

 

そして

 

image1.JPG

 

この灼熱

 

試飲できます!

 

まだまだ本格的な夏ではないですけれど

 

この蒸し暑い夏に果敢にチャレンジ!なお酒です。

 

いやー

 

いろいろ斬新なお酒・・

 

 

ただいま

 

人形町商店街で

 

image2.JPG

 

恒例の

 

現金つかみ取り

 

やってます。

 

当店は『本券』(1枚で1回抽選できる)のみの取り扱いになります。

 

下町のお酒屋さん 小山酒店@人形町のブログ

 

Twitter Follow me!!

 

にほんブログ村

 
人気ブログランキングへ

↑↑↑↑

EUショックがさらに続きます(=_=)・・・CLICK!

 


獺祭情報。(6月22日 午後2時15分現在)

獺祭三割九分  720ml

 

完売致しました。


龍力 特別純米 山田錦。

梅雨らしい日が続くようになりました。

 

それでも首都圏の水不足はいまだ深刻です。

 

降ってほしい所には降らず、豪雨で困っている所もあるというのに・・

 

人間は自然に勝てないということですかね・・

 

 

さて

 

新しいお酒です。

 

image1.JPG

 

兵庫県の

 

龍力 特別純米 山田錦

 

です。

 

特別純米なのに、ほんのりと香りがあります。

 

遠くにメロンを感じるような。

 

口に含んだ時もじんわりとメロン。

 

ここに山田錦を使った意味、というかそれが出ていると思います。

 

 

ご存じの通り、山田錦は兵庫県がお膝元。

 

この龍力 特別純米 山田錦

 

特A地区の山田錦のさらに特上米を100%使用するというなんとも贅沢なお酒です。

 

最近は新しい酒米がどしどし開発されて、どれもこれもうなるような仕上がりになってはいるんですが、やはり『王者』だな、と思えるお酒です。

 

山田錦は『ド派手』というイメージがあるのですが、これは特別純米ということもあって

 

山田錦のいいところを残しながらも、やや抑え目で

 

どんな食事にも合うと思います。

 

今、けっこう

 

純米吟醸、純米大吟醸流行りではあるんですが

 

華やかな香りや味わいは時に食事の素材の味をなくしてしまうことも。

 

食べながら飲んでちょうどいい、ってお酒がもっとフューチャーされてもいいのになー

 

と常日頃思っていました。

 

あと

 

image2.JPG

 

このマークは、兵庫県が独自に食品にガイドラインを定めて

 

ブランド化しているしるし。

 

詳しくはこちらから→→→

 

おいしくて、そして色々気を使っているお酒でです。

 

(^^)

 

 

720ml ¥1,620.-

 

下町のお酒屋さん 小山酒店@人形町のブログ

 

Twitter Follow me!!

 

にほんブログ村

 
人気ブログランキングへ

↑↑↑↑

選挙でいそがしいねえ・・・CLICK!

 


雪の茅舎 山田穂。

ブログアップしようと思ったら

 

函館ですごい地震!

 

びっくりしました。

 

もう日本はどうなっちゃってるのか。

 

被害がありませんように・・・

 

 

 

さて、

 

大好評の

 

image1.JPG

 

雪の茅舎 純米吟醸 山田穂 生酒

 

今年も入荷いたしました。

 

となりの

 

秘伝山廃 純米吟醸 生酒

 

と、おんなじ値段なんですね・・

 

しっかりとしてちょっと辛いお酒が好きな方は秘伝山廃

 

香りのある味わいが好きな方は山田穂

 

という感じで目安にして下さい。

 

もちろん両方飲んで頂くのが一番・・ですけども。汗

 

4合瓶もあります!

 

雪の茅舎、(美酒の設計を含めてですが)

 

いろいろ飲んでみると、それぞれの素晴らしさがずーんと伝わります。

 

お世辞抜きに全部美味しいです。

 

雪の茅舎さんから特に公認いただいてるわけじゃないんですが

 

今後も

 

雪の茅舎推し

 

でいきます!

 

 

下町のお酒屋さん 小山酒店@人形町のブログ

 

Twitter Follow me!!

 

にほんブログ村

 
人気ブログランキングへ

↑↑↑↑

日本いったいどーなっちゃってんの(・.・;)・・・CLICK!

 

 

 

 


アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    記事検索
    • ライブドアブログ