小山酒店@人形町のブログ

人形町で酒屋を営み100余年。 とにかく美味しいお酒をみなさんにお届けしたい、と日々精進しております。 管理人は店主・妻でございます。 素人主婦目線のお酒のいろいろをつづっております。

2016年03月

さくら咲いて桜花も来た。

image3.JPG

咲いたねー

 

昨日今日とあったかくて、毎年思うのですが

 

桜が咲く速さと言ったら。

 

ちなみに夜は

 

image2.JPG

 

image1.JPG

 

なかなか。

 

そんな桜とともにこっちの桜も。

 

image1.JPG

去年も入荷しました

 

開運 桜花 純米吟醸

 

です。

 

限定です。

 

まず

 

開運 桜花

 

というネーミングがいい予感しかしないというか

 

桜咲いて心踊るこの季節にピッタリです。

 

他にもお花見酒にぴったりの日本酒ありますので、ぜひぜひお越しください。

 

 

そして、桜と関係ないのですが

 

image2.JPG

 

鯵ヶ澤もキター

 

みなさん御存じなんでしょうか、

 

地味に(?)人気あります。

 

濃厚なお酒が好きな方に。

 

下町のお酒屋さん 小山酒店@人形町のブログ

 

Twitter Follow me!!

 

にほんブログ村

 
人気ブログランキングへ

↑↑↑↑

あ、もう3月もおしまい?(+_+)・・←CLICK!!

 

 

 


辛口日本代表・南。

わー

 

さむ…

 

image2.JPG

 

ウチの近所の桜もこの前暖かかった時にちょっぴり咲いちゃって

 

きっと

 

ヤバ!早かった!(汗

 

と思っていることでしょう。

 

えー

 

昨日は

 

甘口のお酒の美味しさについて書きましたが、今日は辛口日本代表(諸説あります)の

 

 

について書きたいと思います。

 

image1.JPG

 

今うちにありますのが向かって左から

 

南 特別純米 無濾過生酒、純米吟醸 無濾過生酒、純米 無濾過中取り(こちらは1升のみ)

 

となっております。

 

南を取り扱ってもう何年にもになるのですが、

 

徐々に徐々に

 

本当に徐々に『銘酒』に育っていったな、という感じがします。

 

もちろん私が育てたわけではなく、

 

辛口の旨い酒

 

というステータスを完全に確立させました。

 

もともとは

 

玉の井という銘柄を出していた酒蔵さんだったのですが

 

『隠し酒』的な感じで出し始めたこの

 

 

が爆発的ヒットとなり、今に至ります。

 

とにかく

 

辛口で存在感があって、香りも華やかで

 

辛口のお酒が好きな方は

 

やっぱこれだよね

 

とうなってしまうお酒になっています。

 

このブログでも何度もご紹介しているのですが、昨日甘口のお酒の良さをめっちゃアピールしてしまったので

 

この南で辛口のお酒の良さをアピールさせて頂きます。

 

この前、ウチの息子(まだまだ酒を飲みなれていない)に

 

だいたい酒の辛口ってどういう感じなの?

 

と聞かれ、答えに詰まってしまいました。

 

口に入れた瞬間、

 

辛い!

 

と思う酒って私は飲んだことないんですけど、飲みこんだ後

 

喉に張り付くようにカーッとなる感じが

 

辛い

 

という感じなのかな、と自分的に定義づけています。

 

その感じがたまらなく好き

 

という方にはピッタリです。

 

そして、高知といえばやはり

 

鰹のたたき

 

ですが、あの鰹の魚感の強さやにんにくや生姜やネギといった個性の強い食材と

 

ものすごく合うようにお酒もできています。

 

昨日ご紹介した愛山

 

 

だとすれば

 

 

 

日本酒ってだいたい米・麹・水からできているんですけど

 

こんなにも違う味わいができるんだな…

 

と非常にシロウトくさい感慨に浸っております。

 

というわけで

 

日本を代表する辛口のお酒、南も宜しくお願いします!!

 

下町のお酒屋さん 小山酒店@人形町のブログ

 

Twitter Follow me!!

 

にほんブログ村

 
人気ブログランキングへ

↑↑↑↑

今日お花見しようとしてる人は熱燗がいいよ!・・←CLICK!!

 

 


甘旨なお酒。 栄光富士 愛山。

ひところ流行した

 

淡麗辛口

 

の日本酒。

 

ビールなんかもそういう傾向が流行し、世の中が

 

淡麗辛口至上主義

 

だった時代の印象が今でも根強く残っています。

 

前回ご紹介しました

 

栄光富士 愛山

 

image1.JPG

 

ですが、正直チャートで見たら

 

淡麗辛口とは真反対に位置するお酒です。

 

もともと

 

甘旨口なお酒だったのですが、今シーズン

 

さらにバージョンアップした感じです。

 

去年のものは

 

口に入れた時は甘く

 

そして辛く引けていく

 

という感じだったのですが、今年の愛山は

 

口に入れた時甘く

 

そして甘く引けていく

 

という印象です。

 

何だそんな甘ったるいの、

 

とお思いでしょうが、

 

その甘さはベタベタ甘いものではなく

 

うまく例えられないのですが

 

リンゴの蜜ってありますよね。

 

まさにそういう上品でフルーティーな甘さです。

 

女の子向けだな

 

というのも間違いで、この甘旨は決して日本酒好きの男性も裏切らないテイストです。

 

これは

 

無濾過生原酒

 

なので、濃厚ですが

 

その濃厚さと甘さのバランスが抜群で、それが骨太な印象を与えてくれますし

 

このフルーティーさが日本酒がちょっと苦手、という方にも受け入れられる気がします。

 

甘口のお酒って美味しいんだな

 

としみじみ実感できるお酒です。

 

もちろん辛口でも美味しいお酒はあるのですが、

 

甘い中に『旨い』がある

 

ということがよくわかります。

 

日本人の舌は外国人に比べて非常に繊細で、

 

旨み

 

も感じることができます。

 

『旨み』を定義づけることは難しいですが

 

ああ、こういうことなのか

 

とぼんやりでもわかっていただければ。

 

ということで。

 

実感して頂きましょう!

 

image1.JPG

 

今年はやってみます。

 

お気軽にお申し付けください。

 

下町のお酒屋さん 小山酒店@人形町のブログ

 

Twitter Follow me!!

 

にほんブログ村

 
人気ブログランキングへ

↑↑↑↑

今日お花見やったら寒くておなか痛くなりそう('_')・・←CLICK!!

 


栄光冨士 愛山、来ました。

ウチの近所の桜もちらほら咲いて参りました。桜

 

意味なく心躍りますが、さらに心躍るお酒が入荷。

 

image1.JPG

 

栄光富士 愛山 無濾過生原酒 純米大吟醸

 

昨年、大好評で

 

追加につぐ追加で入荷してそうとう引っ張ったお酒です。

 

昨年と値段は同じになったのですが、

 

厳密に言うと、日本酒度と酸度がちょっと違っています。

 

日本酒度 -1.0 → -5.0

 

酸度     1.3 → 1.4

 

と、微妙な差が。

 

去年飲んだ印象としては、日本酒度-1.0 にしては

 

飲みこんだ後

 

ちょっと辛いかな…

 

という感じだったのですが、 

 

-5.0となるとどうなっているのだろうか???

 

というナゾも残りますが、

 

愛山自身の美味しさは変わりないと思いますので

 

今年もご愛顧くださいませ。

 

仙龍、雄町とそれぞれタイプが違っていて

 

それぞれの美味しさ満載の栄光富士です。

 

猫しっぽどうぞよろしく猫からだお願いします。猫あたま

 

 

下町のお酒屋さん 小山酒店@人形町のブログ

 

Twitter Follow me!!

 

にほんブログ村

 
人気ブログランキングへ

↑↑↑↑

お、高校野球やってるやってる野球・・←CLICK!!

 

 

 


獺祭の酒粕、あらたに。

※獺祭製品ただいま全品品切れ中です。

 

 

おはようございます。

 

獺祭ブームは相変わらずなのですが

 

最近、ちょっと今までにない動きがありまして。

 

それは

 

獺祭の酒粕がめっちゃ売れる

 

とう事象であります。

 

獺祭の酒粕はもう何年も前から売っていたのですが、

 

お酒の方は爆発的に売れるようになっても、地道にポツポツと売れるくらいでした。

 

そして

 

夏は売れないだろう

 

と販売さえしてなかったことも。

 

ところが、去年の春あたりからこの獺祭の酒粕がじわじわと売れ始め

 

今では夏にも常時置いてあります。

 

私はそれまで酒粕にあまり興味がなく、他の酒粕も食したことがありませんでした。

 

獺祭の酒粕が

 

初めての酒粕

 

と言っていいくらいだったのですが、最初に甘酒にして飲んだ時に

 

正直驚いたと言いますか

 

酒粕ってこんなに洗練された味がするのか!

 

と。

 

その後他の酒粕も試したのですが、今に至り

 

この獺祭の酒粕以上の酒粕に出会ったことがありません。(←私調べ)

 

しぼり粕でこのクオリティなんだから

 

しぼられたお酒が美味しいはずだよね・・

 

と妙に納得してしまいます。

 

ただ、普通に肉や魚を漬けるだけならば、もっと廉価なものでもいいと思うのですが

 

酒粕の味や風味を直接生かす料理には、もうこれじゃないと…というくらい

 

獺祭酒粕の信者(?)のようになっています・・

 

※諸説あります・・

 

お客さまも非常にリピーターが多く、何度もこの獺祭の酒粕を買いに来て下さる方もいらっしゃいます。

 

最近情報番組などで、

 

酒粕、めっちゃ身体にイイ

 

みたいな放送が相次いで、そのブームもあるのでしょうが

 

身体に良くて美味しいのなら尚よし、みたいな。

 

そこで。

 

image1.JPG

 

向かって右の従来のものと併せて

 

二割三分の酒粕も入荷してみました。

 

ちょっとお高い上に容量が300g→200gと少ないという

 

やっぱ二割三分の酒粕だよね・・

 

と思わせる部分もあるのですが、期待値大、です。

 

まだ私も試してないのですが、見た感じは以前の酒粕とあまり変わった様子はありません。

 

板粕ですが、非常にしっとりとしていてお米のつぶつぶが見えます。

 

でも二割三分の酒粕、ということはほぼお米の芯だけの粕ということで

 

なんかもう一回炊いて食べれないかな・・と思うくらいのぜいたく品。

 

近いうち私も試してみなければ・・と思う次第であります。

 

 

下町のお酒屋さん 小山酒店@人形町のブログ

 

Twitter Follow me!!

 

にほんブログ村

 
人気ブログランキングへ

↑↑↑↑

もうショーンKの話題はいいんじゃないでしょうか(=_=)・・←CLICK!!


アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    記事検索
    • ライブドアブログ