小山酒店@人形町のブログ

人形町で酒屋を営み100余年。 とにかく美味しいお酒をみなさんにお届けしたい、と日々精進しております。 管理人は店主・妻でございます。 素人主婦目線のお酒のいろいろをつづっております。

2010年04月

超びっくりとギモン。

今週早々


非常にびっくりしたことがありました。


午前中、店番をしているとチャイムが鳴ったので

お客様がいらしたと思い


「いらっしゃいませ~~。」

と、いつもの調子で出て行くと。


そこには


すごくすごく

大きなひとが。



って!!!

阿部寛!!!!

(私の脳内のため呼び捨てです。 スミマセン)



えっ!!


私はもう驚いて固まってしまいました。


固まっている私を尻目にそこにいた主人が慌ててドアを開けました。


ウチの店の前に『新参者』のポスターを貼っていたので

阿部さんは


「ありがとうございます、」

と、笑顔で言って下さいました。


主人が


「昨日の話も良かったですよ! 頑張って下さい!」

と、声を掛けると


「ありがとうございます。」

と阿部さんは両手を合わせてお礼を言って下さいました。


ようやく解凍した私も


「頑張ってください!」

と、阿部さんとスタッフさんであろう方たちに声を掛けられました。


あ~~~~


びっくりした。



もうそれだけでした。


阿部さんと言えば

バブル絶頂期に『メンズノンノ』のモデルとしてデビューして

そのころOLだった私はいつも雑誌を読んでいた記憶があります。



その人がっ!!!!



シブくて近寄りがたい空気満載だったのに

非常に気さくな方で

もうびっくり。

cap023.bmp


ますます応援します!! shinzanmono.jpg


一方。


今日の午後。


ウチの側の道路に停まっていた車の中から溝端淳平くんの顔が見えました。


外にいたスタッフさんらしき女性2人と談笑されていました。

溝端くんは芸能人というよりもホント普通のお兄ちゃん(失礼)という印象です。

でも充分イケメンさんですけども。





びっくりしたこととは無関係に。


ちょっと不思議に思うことがありました。

DSCF3731.JPG

真ん中はオースラリアの6000円代の高級ワインです。

両端はフランスワインです。

何かが違います。



DSCF3734.JPG

オーストラリアワインはスクリューキャップです。


今までスクリューキャップといえば廉価もの、という先入観があった私は今さらながら


何故???


と、ギモンに思ってしまいました。


見ればウチに置いてあるオーストラリア、ニュージーランドワインのほとんどがスクリューでした。


主人に訊いたところ、

新世界ではスクリューキャップが主流になってきているとのこと。


それはコルクの材質の低下に根底があるようです。

コルクが劣化することを

『ブショネ』

と言いますが、それが近年目立ち始めてきたようです。



劣化したコルクは異臭を放ちます。

当然、ワインに悪影響を与えることになります。


それがスクリューキャップが市場に認められ始めた理由になったようです。


最近はコルクが開けずらいのでスクリューのものを、とおっしゃるお客様も増えました。

本場フランスではまだまだコルク栓が主流ですが、時代は流れているようです・・・・。

にほんブログ村 酒ブログ 酒屋へ
にほんブログ村←励みになりますので、どうかポチお願いします



新参者(2)

新参者第2回目は、料亭が舞台でした。


本当のお店は『芳町』にある『きく家』さんです。

今は『芳町』という町名はなく、『人形町一丁目』と統一されていますが、昔は人形町とは分かれていました。

今でもこの界隈を呼ぶときには『芳町』の方がピンとくるようです。


この細い路地には何軒かきく家さんのように趣のある家屋が立ち並んでいて、今は料亭さんになってたりします。

cap016.bmp

昔は芳町芸者さんなどのお住まいだったとのこと。


芳町芸者は今で言う『銀座のホステス』さんみたいにかなりのステイタスであったということです。


今でも三味線の音が似合いそうな佇まいです。

cap018.bmp


このお話のロケの時は阿部寛さん、溝端淳平くんはもちろん、夏川結衣さんや寺島進さん、石黒英雄くんもほぼ半日がかりで撮影をしていたので自転車で見に行ってしまいました。


1時間のドラマで料亭のシーンは3分の1くらいでしたが、こんなに長くかかるんだ~~と、ドラマ撮影って大変。と実感。


あとスポットとしては

前半部で阿部さん、溝端くん、黒木メイサさんが話をしていたところは

cap019.bmp


浜町のグリーンベルトです。


cap021.bmp


弁慶の銅像が目印。


昨日もうちの近所でロケをしていて

たまたま撮影を終えて引き上げてきた阿部さんとウチの主人が遭遇。


思い切って

『いいドラマになっていますね、』

と、話しかけたそうです。


すると


『ありがとうございます。 また見てください。』


と、ニッコリ笑ってあのテレビ通りのシブい声で返して下さったそう。


ミーハーだなあ、と思う半面

やっぱり人形町のいろんなスポットを紹介してくれていると思うと、嬉しくてテンションが上がります。

shinzanmono.jpg←応援しま~す



話大きく変わって。


川亀の純米吟醸中汲み無濾過生

DSCF2295.JPG

通称『新聞紙のお酒』

(と、お客さんがよく呼んでくださいます)


「この前勧めていただいたら、すごく美味しかったです!」

と、何人かの方に言っていただきました。



しかし!

残念なことに今シーズンは終売です。

川亀さんは本当にいいお酒なので、あまり認知度が高くなくても自信を持ってオススメできます。


今は

DSCF3305.JPG

備前雄町になっております。

こちらも引き続きオススメですっ!

にほんブログ村 酒ブログ 酒屋へ
にほんブログ村←励みになりますので、どうかポチお願いします



終了~


とうとう


獺祭 しぼりたて生酒


1升、4合とも売り切れとなりました。



今シーズンの販売は終了となりま~す。



どちらもラスト1本になった時に、何を買おうか迷われていたお客さまに、これが最後と説明すると


『買います!』


と、勢いよく買っていただきました。


次に入荷するのは11月の予定です。



もう


今日も寒くて


今の季節がなんなのか、何月なのかがよくわかんなくなりますが



秋までお待ちください・・・



DSCF3726.JPG


空いちゃって

なんだか寂しい


にほんブログ村 酒ブログ 酒屋へ
にほんブログ村←励みになりますので、どうかポチお願いします



始まりました。

cap003.bmp

日曜劇場『新参者』が始まりました。


しっかりビデオをセット。


ロケ風景は何度か見たのですが、


ああ、このシーンだったのか


と思いながら見ていました。


cap006.bmp


黒木メイサさんのタウン誌の編集部はウチのおとなりのビルです。


ちゃんと中で撮影してるんだ~~とちょっとオドロキ。


この看板も最初はこんな編集部ができたんだ、と本気にしてしまいました。


cap007.bmp

重盛永信堂さんで阿部さんが限定の人形焼を買おうとしているところ。


cap010.bmp

甘酒横丁の『草加屋』さんの前で市原悦子さんと杏ちゃん。


cap013.bmp

香川照之さんのオフィスは本当に浜町のトルナーレのおとなりのオフィスビルです。


cap015.bmp

最後、阿部さんと香川さんと溝端くんがおせんべいを食べている隅田川のテラスは浜町公園の裏手。


殺人事件という重いテーマでありながら、主演の阿部さんが飄々として時に笑いを誘う。

そんなドラマです。


次回が楽しみです。


にほんブログ村 酒ブログ 酒屋へ
にほんブログ村←励みになりますので、どうかポチお願いします



見た目おんなじ・・?

今日、萩の鶴が入荷しました。


DSCF3723.JPG


同じものが・・・


ではなくて。


向かって左が今日入荷した


『萩の鶴 美山錦 特別純米生原酒』

です。


右側は前からあった


火入れしてある


『萩の鶴 美山錦 特別純米』

となっております。


見た目、ほとんど同じなので


もしぜひ買いたい! と思われる方はお間違えないように・・・


よく見ると

DSCF3724.JPG

DSCF3725.JPG


ここも違います。


生原酒の方がアルコール度数が高く、香りも高いです。


萩野酒造さんは美山錦の扱いが非常にうまい!と評判の蔵とのことで、人気が高いそうです。


『生原酒』は限定品で、

火入れの方は通常商品ではありますが、入荷が希少なもので

こちらも言ってみれば『限定』です。



前にもご紹介したとおり、『若手蔵元会』でも頑張っておられた非常に注目の『若手蔵』さんです。


ぜひぜひ、お試しください。



話変わって。


今日、外人さんがお買い物にみえました。


日本酒の小さいサイズをご所望の様子。


しかし、ウチには『生酒』しか小さいサイズがありません。


お客様は飛行機で自国に持ち帰りたい、と私の怪しいリスニングによるとそのようなことをおっしゃっていました。


う~~~~ん。


『生酒』は英語でなんて言うんでしょう????


生のお酒というもの自体、日本酒以外になかなか存在しないし。


生酒を飛行機に乗せたり、常温で長時間の持ち運びはよろしくないのですが

English不足で説明できません・・・・

身振り手振りでなんとかわかっていただけましたが、


英語版『酒屋用語』みたいな本って出てないですかね???


ちなみに


『焼酎』は


『Shochu』のようです。


その外人のお客様が興味を示したので


「Sweet potatoで造られている」


と言うと、


「Oh~~!」

と驚いてらっしゃいました。


珍しいんでしょうか・・・。


にほんブログ村 酒ブログ 酒屋へ
にほんブログ村←励みになりますので、どうかポチお願いします






アクセスカウンター