アクセスカウンター

    2009年11月

    2009年11月26日10:35心も寒い・・
    もうすぐ12月。


    この業界だけじゃないんでしょうが、12月はいつもの月の2倍速くらい

    の感じがします。



    そして、徐々に寒くなってきましたけど。


    DSCF2290.JPG



    ボージョレ・ヌーヴォーは、ほぼ売り切れとなりましたが。




    しかし!


    いつもなら予約で店頭に並ぶことさえない、『ルロワ』がまだ残って


    います・・・。



    ウチのヌーヴォーのラインナップで一番高い商品なんですがそれでもい

    つも評判がすごく良くて、お客様にも喜んでいただいています。



    世間で言うところの『不景気』なんでしょうか。


    これも。


    なんだか実感してしまいました。



    12月くらい、ぱーっと明るく過ごしたいものです。



    このルロワのヌーヴォーは一般的な「早飲み」のものとは品質的に違う


    ので、これからクリスマスやお正月なんかにもささやかな贅沢、として


    お楽しみいただけると思います。


    ぜひ。


    飲んでみてください。劣






    2009年11月21日17:11そして・・
    DSCF2130.JPG

    ドルーアンのヌーヴォーも

    おかげさまで完売いたしました。



    毎年、ウチで売るヌーヴォーの銘柄は若干変わるのですが、ルロワとこのドルーアンはずっと入れています。


    華やかで、それでいて飲みごたえも十分で

    どんな年でも安定したワインを造り出してくれます。





    話は変わって。


    先日、獺祭のしぼりたて生を飲んだらレポートします。

    と、書きましたが

    この前飲んでみました。


    DSCF2122.JPG


    今までの獺祭のイメージを思い浮かべると、たぶんちょっとイメージがわかないかもしれませんが、


    飲んで最初の感想は


    『濃い』


    でした。


    獺祭50と比べると、かなり『濃い』感じ。


    そして、次に感じたのは


    『辛い』


    でした。


    お客様に獺祭の説明をさせていただくときに出る言葉は


    「華やかでさっぱりしていて飲みやすいです。」


    が、定番なんですが


    これは獺祭のイメージを一蹴するものを感じました。


    獺祭のその華やかな香りが食事と合わないかも・・・


    と、思われた方は


    非常にお勧めです。


    味の濃い食事にも負けないと思います。


    以上、私のイマイチわかりずらいレポートでした。




    2009年11月20日17:47解禁2日目。
    ヌーヴォー解禁2日目。

    おかげさまで、

    ジョエル・ロシェットが完売いたしました!


    DSCF2128.JPG


    そして、ウチのヌーヴォーの定番となりました

    ルロワについて少しご説明させてください。


    DSCF2129.JPG


    ブルゴーニュNo.1の造り手でしょう。


    あのロマネ・コンティの経営にも携わっていたこともあり、ドメーヌもの(葡萄の栽培から行う)は、非常に高価でなかなか手が出ませんが、
    ネゴシアンもの(葡萄を買い付けて造る)は比較的お求めやすいお値段で手に入ります。


    このヌーヴォーもネゴシアンものですが、それでも徹底したポリシーを貫き、誰もが頷くワイン造りをしています。


    ヌーヴォーでありながら、1~2年はもつ

    という既にヌーヴォーの域を越えたような逸品です。


    お値段は4,520円と

    正直、ヌーヴォーにしては

    『高い!』という実感ですが


    このワインに関してはこのお値段を払う価値は十分にあると思います。



    ブルゴーニュ最高峰の味をぜひお試しください。



    2009年11月19日10:02もっと盛り上がって~♪
    ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー2009 本日解禁!!!

    DSCF2124.JPG



    ああ、バブル時代のバカバカしいほどの盛り上がりが懐かしい・・。

    空港にまで走って行って、ラッパ飲みしていた人たちは今どうしているのでしょう。


    今朝のニュースでもわずか10秒ほどの枠。


    みなさん、思い出して下さい。


    今日はヌーヴォー解禁日ですよ~~~



    ちなみに。


    DSCF2125.JPG


    ちょっと見づらいですけど、うちのラインナップです。

    ヌーヴォーが軽く華やかな(ともすれば、それだけの)ワインである常識が覆ります。


    ガメイでこんなにも凝縮感のあるワインができるんだ!

    と、シロウトの私は感動さえします。


    今年は50年に一度の良いデキという、若干中途半端な評価でありますが、

    わりと信憑性はある気がします。



    おっと、それと。


    DSCF2127.JPG



    十二六(どぶろく)第3回も入荷いたしました!


    去年に引き続き、好調に売れております。

    買っていただいているお客様は、わりと女性が多い気がします。



    このブログで

    こんなに告知が多いのも珍しい・・。



    ヌーヴォー・十二六ともども

    よろしくお願いいたします!









    2009年11月18日20:48気がつけば・・
    ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー2009は明日解禁です!!

    最近はあまりメディアでも騒いでくれなくなってしまって、ちと寂しい感じもします。

    ヌーヴォーの看板などを用意していると、お客様が、

    「あれ? いつ発売だっけ?」

    なんてすっかり影も薄い感じで・・・・。


    20091118195406.JPG


    今年も4種類をご用意いたしました。

    どれも厳選したヌーヴォーです。


    昨今は『フランス人もびっくり』という廉価なヌーヴォーも宣伝してたりしますが、


    1年に1度のシロモノなので、ぜひぜひため息が出るほど素晴らしいヌーヴォーを飲んでいただきたい!


    と、無駄な力を込めさせていただきました・・・


    20091118195452.JPG

    明日まで、おやすみなさい・・・・。



    リストもupしますのでよろしくお願い致します。