おはようございます。

ちょっと更新が滞りました。

新しい日本酒リストもまだ作ってません。

特に忙しいわけでもないのに

何となくちゃんとやれてません・・反省。



さて。

 
百十郎 G-mid  純米吟醸

おなじみの隈取りラベル。


G-mid

って、なんじゃい

というところなんですが、このお酒

地元、岐阜県で開発された

岐阜ハツシモ

というお米と

岐阜発祥の酵母

G酵母

を使用してるので、その頭文字とラベルの『緑』=『Green』

から取っているそうです。


岐阜ハツシモは、本当に岐阜県だけで作ってる岐阜ならではのお米で

主に食用で使われることが多いようです。

たぶん岐阜の人しか食べたことがない?というくらい貴重なお米。

(ひょっとしてネットでは購入可能かもしれないです)


とにかく

岐阜による岐阜のためのお酒

という岐阜愛溢れたお酒となっております。

非常に爽やかで、 酸が味に幅を広げており、それでいて香りもいい。

よいお酒に仕上がっております。


この前つくづく主人と日本酒の



について話してしまったのですが

ワインでも日本酒でも



って大事だよね、と。



美味しいんだけどなんか輪郭がぼやけてるよね・・

という惜しいお酒があるんですが

少し酸を効かせるだけで、

シャキっと1本芯が通ったようなお酒になります。

日本酒の酸って、酸っぱいの?

と、思われるかもしれませんが

酸っぱいとは厳密にいえば違っていて

非常に言い現わすのが難しいのですが

普通のお酒が

2D

だとすると

酸が巧い具合に効いたお酒は

3D

というか。

奥行きが出て、それでいて品が出てくる。


すごく味が立体的になるような気がするのです。 

残念ながら

薄っぺらいなあ・・

と感じてしまうお酒もあります。

いいお酒って、この

構成

が見事なんですよね。


百十郎も全体的に



をうまく『利用』しているというか。


栄光冨士限定シリーズ

その典型です。

 IMG_0911

無濾過生原酒なのに

濃くなりすぎないのは、



をうまく引きだしているからだと思われます。


あ、あと。

毎度おなじみ

つかみどり


商店街の現金つかみ取りチャンスをつかみ取るガラガラができる券ww

を、2000円以上お買い上げの方に差し上げてます。

ただし

Myルールとして

ビール券と獺祭製品

に関しては除外させていただいております。

わがまま言ってスミマセン・・



 獺祭の在庫状況 (6月26日現在)

獺祭二割三分  720ml

獺祭三割九分 720ml 1,800ml 

獺祭三割九分スパークリング 720ml

獺祭50    720ml   1,800ml

獺祭50スパークリング 720ml  360ml



と、なっております。



 
 インスタグラムもやってます(ほぼ入荷情報のみ…)

↓↓↓

インスタアイコン






人気ブログランキング 
↑↑↑
ジメる(*_*)・・CLICK!!