おはようございます。

日差しに負けそうな朝です・・


暑くなって参りましたが、そんな中爽やかなお酒のご紹介です。



来福 生酒 Coming  Happiness 純米吟醸


もう見るからに爽やか。

Coming Happiness に関しては昨年の秋にひやおろしが入荷してまして→→→ 記事参照

それの夏Ver.ということになります。


その時にも触れたのですが、このお酒は

花酵母

を使用しています。

花酵母についても過去記事で書いたのですが

東京農業大学が『自然由来の酵母』ということで、花から酵母を造り出すことに成功。

普通は協会酵母とかその蔵に住み着いてる独自酵母などで醸すのですが

自然のもので酵母を

という思いで開発されました。


もうちょっと詳しくこちらに載っています。→→→花酵母カタログ(by 東京農業大学)


花酵母で醸すお酒はどんなお酒なのか?


というところなのですが、正直酵母はそれだけで酒の味が決めるツールではなく

米や麹やその他もろもろの技術と組み合わさってその味わいが出てきます。

調べたのですが、

これが花酵母の特徴だ!

という確たるものがなく、その花の種類によっておおまかな特徴はあるのですが

ハッキリとしたことは正直わかりません。

ただ、

いかに花から酵母を造ることが難しいことですごいことなのか

というのはカタログを見ると伝わってきます。

自然の中に生きる植物から

美味しいお酒のもとになる酵母を造ろう、という発想がまずステキ。



このComing  Happiness は、『ヒマワリ』の花酵母が使われていますが

わー、ヒマワリの味だ~

なんてことがあるわけでもなく(ヒマワリの味て)、花酵母カタログによると

非常にバランスが取れた味、ということになっています。


このComing  Happiness の味の特徴はまず

酸。

非常に爽やかです。

香りはほのかでちょうど良い感じ。

そして非常にスッキリ飲めるお酒です。

ほどよく後を引かないと言いますか、切れ味よく引いていく感じです。


『感じ』ばっかりで具体的なことが伝えられず。

なので


このComing  Happiness 

試飲できます!!


どしどしお申し付け下さい。


獺祭の在庫状況 (5月19日現在)

獺祭二割三分  720ml

獺祭三割九分 720ml 1,800ml 

獺祭三割九分スパークリング 720ml

獺祭50    720ml   1,800ml

獺祭50スパークリング 720ml  360ml



と、なっております。



 
  インスタグラムもやってます(ほぼ入荷情報のみ…)
↓↓↓
インスタアイコン







人気ブログランキングへ  
↑↑↑
早起きするとこの時間でもうおなかすいてる(*_*)・・CLICK!!