小山酒店@人形町のブログ

人形町で酒屋を営み100余年。 とにかく美味しいお酒をみなさんにお届けしたい、と日々精進しております。 管理人は店主・妻でございます。 素人主婦目線のお酒のいろいろをつづっております。

人形町で酒屋を営み100余年。
とにかく美味しいお酒をみなさんにお届けしたい、と日々精進しております。
地方銘酒、本格焼酎、ワインと狭い店舗にぎっしりつまっています。
店主・小山健一は日本ソムリエ協会ワインアドバイザーの資格を取得しております。
ブログは店主の妻でございます。
まだまだ素人ではございますが、私も日々精進です。

TEL 03(3669)3881

東京都中央区日本橋人形町1-15-4

【営業時間】

月~金 am8:30~pm9:00
 土  am8:30~pm8:00

日曜・祭日 休業



小山酒店日本酒リストはこちらから

Twitter
小山酒店@人形町のツイッター
入荷情報などお知らせしています。 

ゆめのかおり と日本酒リスト更新!

なんとなくひんやりするんですが、日差しは初夏。

UVが非常に気になります・・


そして



キタコレ。


昨年、ひょっとして獺祭と並んでウチの売上No.1だったのではないか、という

末廣 ゆめのかおり 純米大吟醸

再び入荷しました。


720mlで、¥2,200.-

って少し高いのかな?

と最初は心配したんですが、想像以上にプライスに見合ったお味でありました。


香りはほのか。

そして飲み口は本当に上品で穏やか、たおやかという表現がピッタリきます。

そして生酒ではないので

このインパクトあるラベルもあって

贈り物としてお客様に非常に評判が高かったです。

飲んで一発でガツンとくるお酒ではないんですが

ゆるーく

じわーっときます。


はじめは昨年の伊勢志摩サミットで提供された、という謳い文句つきだったのですが

正直、その売り文句がなくても一度買って下さったお客様がニ度、三度、と買って下さるようになり

ああ永遠に続けばいいのに・・

と思ったのですが、限定だったので惜しまれつつ終わりを迎え、ずっと欠品になっていました。

待って下さっていた方、

まだ飲んだことがない方、

ぜひぜひ宜しくお願いします。




日本酒リストも更新しました。


→→→nihonshu-list.pdf


けっこう入れ替わっています。




獺祭の在庫状況 (4月20日現在)

獺祭二割三分  720ml

獺祭三割九分 1,800ml 720ml

獺祭三割九分スパークリング 720ml

獺祭50  720ml  1,800ml

獺祭50スパークリング 720ml   



と、なっております。




 
  インスタグラムもやってます(ほぼ入荷情報のみ…)
↓↓↓
インスタアイコン







人気ブログランキングへ  
↑↑↑
『ゆめのかおり』を褒めちぎる回でした。・・・CLICK!!

春鹿 純米吟醸 生酒。

昨日今日と風が強くて

花吹雪がハンパないです。

本当に雪のように舞っていて、思わず見とれてしまいます・・

桜の季節も終わりを迎え

お酒も春酒から移り変わって行っています。


 
春鹿 純米吟醸 生酒

入荷いたしました。

harusika

以前入荷した

春鹿 しぼりばな

と、どうちがうんじゃい、という話なんですが


両方とも純米吟醸 生酒

お米の違いはありますが

しぼりばなの方は芳醇さ重視です。

酸度も今回の純吟生よりも若干高い。

そしてアルコール度数も少し高いです。



つまり

今回の純米吟醸 生酒

初夏の爽やかさをイメージしたお酒、と言っていいと思います。

爽やかだけれど、やわらかで

これから夏に向けてのお料理に合うようなお酒です。


春鹿さんて

新潟のお酒が流行した第一次日本酒ブームが過ぎ去ってからの

地酒ブームの先駆者のようなところがあって

地酒がうまい

というイメージを作り上げて下さった酒蔵さんのひとつなのではないかと思うのです。

美味しい米、水、酵母、そして技術があれば

今、日本中どこでも美味しい日本酒が作れます。

特定の都道府県の日本酒が美味しい、ということはもうなくなって

どこでもすごく美味しいお酒が作れる時代です。

春鹿さんは老舗でもありながら、今の時代にあった美味しい日本酒を造って下さっている

貴重な酒蔵さんでもあります。


獺祭の在庫状況 (4月15日現在)

獺祭二割三分  720ml

獺祭三割九分 1,800ml 720ml

獺祭三割九分スパークリング 720ml

獺祭50  720ml  1,800ml

獺祭50スパークリング 720ml   



と、なっております。




 
  インスタグラムもやってます(ほぼ画像のみ…)
↓↓↓
インスタアイコン







人気ブログランキングへ  
↑↑↑
いきなり巨人負け始めておどろき(*_*)・・・CLICK!!


根知男山。

雨つぶの重みで、何とか耐えていた桜がほろほろと散ってゆきます。

なんかもったいない~(>_<)



さて。

久々の入荷のお酒です。

 nechi
新潟の

根知男山 純米吟醸

です。


3月の初めくらいに発売された

pen2

penという雑誌の企画で

日本人ソムリエさんたちが選ぶおいしい日本酒

という特集の中で紹介されています。


pen1

これは、あのワインの『パーカー・ポイント』でおなじみの

ロバート・パーカーさんの格付けの特集ですが

かなりの高評価です。

こちらは純米大吟醸で、ウチに置いてあるのは純米吟醸なのですが

お手ごろに飲める根知男山のスタンダードなランクのものです。


この根知男山を語る時に外せないのが

テロワールにこだわった日本酒

ということです。



普通は買い付けてきたお米でお酒を造りますが、この根知男山の渡邊酒造さんはとにかく

自家栽培

にこだわっています。

根知谷という山間の田んぼで、社長プロデュースのお米を栽培しています。

日本酒はお米作りから

を実践されています。

もちろん全量というわけではなく、契約栽培しているお米も使っているのですが

このこだわりはすごい。

この根知男山 純米吟醸 もその酒蔵さんのポリシーが前面に出るような味わいです。

基本、スッキリ系ではありますが、お米の風味を損なわないように

瓶火入れ

をしているので、じんわりとお米の味わいが感じられるお酒となっております。


吟醸香を前面に押し出さず、ほんのりとしてお米の味わいを大事にされているなあ、ということがヒシヒシと感じられます。


この根知男山 純米吟醸

1升瓶のみの販売となっています。



獺祭の在庫状況 (4月11日現在)

獺祭二割三分  720ml

獺祭三割九分 1,800ml 720ml

獺祭三割九分スパークリング 720ml

獺祭50  720ml  1,800ml

獺祭50スパークリング 360ml   



と、なっております。




 
  インスタグラムもやってます(ほぼ画像のみ…)
↓↓↓
インスタアイコン







人気ブログランキングへ  
↑↑↑
華やかだったように見えて苦難の連続だった真央ちゃんの競技人生にしみじみ。('_')・・・CLICK!!

 
 
アクセスカウンター