小山酒店@人形町のブログ

人形町で酒屋を営み100余年。 とにかく美味しいお酒をみなさんにお届けしたい、と日々精進しております。 管理人は店主・妻でございます。 素人主婦目線のお酒のいろいろをつづっております。

人形町で酒屋を営み100余年。
とにかく美味しいお酒をみなさんにお届けしたい、と日々精進しております。
地方銘酒、本格焼酎、ワインと狭い店舗にぎっしりつまっています。
店主・小山健一は日本ソムリエ協会ソムリエの資格を取得しております。
ブログは店主の妻でございます。
まだまだ素人ではございますが、私も日々精進です。

TEL 03(3669)3881

東京都中央区日本橋人形町1-15-4

【営業時間】

月~金 am8:30~pm9:00
 土  am8:30~pm8:00

日曜・祭日 休業



小山酒店日本酒リストはこちらから

Twitter
小山酒店@人形町のツイッター
入荷情報などお知らせしています。 

春鹿 純米吟醸生酒

DSCF0392.JPG

春鹿 純米吟醸生酒です。

春鹿は、ウチに地酒を置き始めたころからずううっと置いてある銘柄です。

奈良の春日大社のお神酒であることで有名です。

すっきりとして呑みやすい、

そんな印象があります。

生酒なので、さらに飲み口がいいようです。

酔鯨 高育54号

DSCF0396.JPG


酔鯨 純米吟醸「高育54号」です。

「高育54号」とは、当時の開発番号だそうです。

やんわりとした甘みを含んでいて、メロンとマスカットのような香りが特徴です。

と言って、しつこい甘さではなく、ほんのりとしていて

それでいてシャープな口当たりとなっています。

500mlという飲みやすいサイズとなってます!

獺祭(3)

20090416153823.JPG

獺祭を入荷したところ、やはりお客様の反応がけっこうありまして。

ああ、みなさんよく知ってらっしゃるんだなあ・・と

ひとり感心する私・・。

というか私がこのお酒の素晴らしさをわかっていなかっただけ?


写真は左から獺祭純米大吟醸 39、45、50です。

数字は精米歩合です。

やはりお値ごろな50がよく出ますが、もちろんこれでも十分すぎるほど美味しいとのこと。

どこの酒蔵さんでも同じでしょうが、この獺祭の旭酒造さんは

本当に拘ったお酒造りをされていまして、

洗米、蒸米、麹造り、仕込み、上槽、瓶詰・・・のこの過程ひとつひとつに日本酒造りの素晴らしさが感じられる「こだわり」です。

『酔うため売るための酒でなく味わうための酒を求めて』

そう謳う酒蔵さんのポリシーがひしひしと伝わって参ります。


日本酒は世界一繊細なお酒だと私は思います。

日本人の食生活に最も適していて、日本酒を飲むことによって料理もまた生かされて。

あ~~、日本人に生まれてヨカッタ!

日本酒の陳列を前に、うなずく私です・・・。
アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    記事検索
    • ライブドアブログ